俺的レビュー遅報Z

本や映画や漫画など、鑑賞した物の感想などを記録していくレビュー、書評ブログ

カテゴリ: アメリカ映画

ソーシャル・ネットワーク (字幕版)
ジェシー・アイゼンバーグ
2013-11-26


鑑賞した日付:2013年11月4日頃
「ソーシャル・ネットワーク」  作者:デヴィッド・フィンチャー

総合点:15点/100点

インターネット、そしてネットワーク理論等に興味があるので非常に興味があって見てみた映画。
フェイスブックの創始者マーク・ザッカ―バーグがどうやってフェイスブックを立ち上げたのか?という話と、立ち上げた後の苦労話などを映画化したもの。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

鑑賞した日付:2013年11月4日頃
「マネーボール」  作者:?
★★★
総合点:70点/100点

ブラッド・ピット主演。
主人公がその統計データ等を使って成功したことがある…というのが全てで、
この主人公自体が実際にその後はそれほど成功していないのではないだろうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

インセプション (字幕版)
レオナルド・ディカプリオ
2013-11-26


鑑賞した日付:2013年11月4日
「インセプション」  作者:クリストファー・ノーラン
★★★★★
総合点:98点/100点

他人の夢に入り込んで現実を変える話。SF。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


2019-9-29加筆
この映画評は以前、ひろぶろの初代管理人の事に絡めて他所でも載せたけれど今一度掲載しておく。

鑑賞した日付:2011年1月31日頃
「グッド・ウィル・ハンティング」  
作者:ガス・ヴァン・サント、マット・デイモン、ベン・アフレック
★★
総合点:64点/100点

スラムに生まれた類稀な天才の話。
その天才がどうにもその才能を活かそうとしていないが故に巻き起こる周りの人間の葛藤。
実は全体を通して、この話はいろんな意味で「中二病」的なところがある。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

鑑賞した日付:2011年2月1日頃
「トイ・ストーリー3」  作者:ジョン・ラセター
★★★★★
総合点:95点/100点

やっぱりピクサーはすばらしい。
これで僕はトイ・ストーリー1,2,3と全て見ました。
製作者達も楽しんで作っているんだなぁ・・というのがよく分かりました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

鑑賞した日付:2011年1月31日頃
「ジェイコブス・ラダー」  作者:?
★★★★
総合点:85点/100点

意外と面白かったです。
いや、面白いという様な類の作品では元々ないのだけれど、意外と上手く作ってある映画だなあと思ったし、ストーリーが意外とメッセージ性があって、そういう部分も良かったと思う。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
ジャック ケッチャム
扶桑社
1998-07-01


鑑賞した日付:2010年12月30日頃
映画「隣の家の少女」  作者:ジャック・ケッチャム

総合点:45点/100点

ジャック・ケッチャムの悪名(高評価?)高き小説「隣の家の少女」の映画版。
僕は何故か最近、エログロ等を研究している過程でこの作品を知った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

300<スリー ハンドレッド> (字幕版)
ジェラルド・バトラー
2013-11-26


鑑賞した日付:2010年12月29日
「300<スリーハンドレッド>」  作者:フランク・ミラー
★★★★★
総合点:91点/100点

非常にシンプルにまとめられていて、かつ、非常に映画的でもあり、良いと思います。
この映画はその後、インターネットミームとしても度々引用されるので、一度しっかり見ておきたかった映画。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012 (字幕版)
ジョン・キューザック
2013-11-26


鑑賞した日付:2010年12月28日
「2012」  作者:ローランド・エメリッヒ
★★★
総合点:70点/100点

古代マヤ文明によれば、2012年に世界は滅びるらしいです。・・・ん?
今ちょうど2012年なんだが、まだ滅びてはいないみたい。
これは2009年に公開された映画。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガタカ (字幕版)
イーサン・ホーク
2013-11-26


鑑賞した日付:2010年12月27日
「ガタカ」  作者:アンドリュー・ニコル
★★★
総合点:73点/100点

とにかく雰囲気が良い映画。
この映画もネット上で非常に高評価だったので、試しに見てみた映画。
結果、それほど良い映画とは思えなかったが、この映画も決して悪い映画ではないと思った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ