俺的レビュー遅報Z

本や映画や漫画など、鑑賞した物の感想などを記録していくレビュー、書評ブログ

星ひとつの夜 [DVD]
渡辺謙
フジテレビジョン
2008-03-19


鑑賞した日付:2009年10月12日
「星ひとつの夜」  作者:山田太一
★★★
総合点:70点/100点

まあまあ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]
ドキュメンタリー映画
ジェネオン エンタテインメント
2004-11-12


鑑賞した日付:2009年12月11日ころ
「華氏911」  作者:マイケル・ムーア
★★
総合点:55点/100点

今回は同時期に見たドキュメンタリー映画を2つまとめて紹介しておく。
まずは「華氏911」から。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

オズの魔法使 (字幕版)
ジュディ・ガーランド
2013-11-26


鑑賞した日付:2009年11月ころ
「オズの魔法使い」  
★★★
総合点:70点/100点

色んな所で引用される様な古典的古典の名作。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

鑑賞した日付:2009年11月ころ
「レクイエム・フォー・ドリーム」  
★★★★
総合点:82点/100点

かなり甘口に★4つ。
非常に気分の悪くなる映画で、突っ込みどころも満載だが、見たあとでとても強く記憶に残る映画。きっとずっと先まで忘れないであろう映画。決して良い映画ではないが、テーマの音楽がメチャクチャ良い。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

マネートレーダー/銀行崩壊 [DVD]
ユアン・マクレガー
クロックワークス
2001-01-26





鑑賞した日付:2009年010月ごろ
「マネートレーダー 銀行崩壊」 
★★★
総合点:70点/100点

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

二十日鼠と人間 [レンタル落ち]
ジョン・マルコヴィッチ
2003-02-07


鑑賞した日付:2009年09月24日
「二十日鼠と人間」  作者:ゲイリー・シニーズ
★★★★
総合点:86点/100点

アメリカ映画の中でも一応、「アメリカンニューシネマ」と言われるジャンルかな?
ジョン・スタインベックの原作。
とにかくアメリカの古典なので、これを批判すると批判する人の方が批判されそうなくらいの絶対的古典。けれども実際に内容が非常に良く、すばらしい映画。批判する必要は無い。
アメリカンニューシネマ的な良さも感じた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今回は大昔に鑑賞した記録だけ残っていたログをここにUPしておく。

以下から。
↓↓↓↓

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

このサイトは、
長年、管理人がPCのテキストファイルの切れ端にテキトーに走り書きしたものをブログ記事としてUPし直しているだけのブログで、元々こうしてUPする気も無かったために鑑賞した日付が書いてなかったり、総合評価が書いていなかったり、或いは感想として一言しか書かれていなかったりしたものもあるので、それらはそのまま記事化します。

基本的には、
・鑑賞した日付
・鑑賞した物のタイトル、著者・作者名
・★を最高で5つで評価
・/ 100点満点での点数評価
・感想

となっております。

献本や広告案件も随時募集中です。
お問い合わせください。

それ以外に思いついたことがあればここに改めて書きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



鑑賞した日付:2007年09月11日
「まともバカ」 目は脳の出店 養老孟司
★★★
総合点:70点/100点

僕はなんだかんだでこの人の著作を4冊ほど読んでいる。
・バカの壁
・解剖学教室へようこそ
など

イイ事を言いそうになると決まって話がそれていくのがいつもながら少し不快に思ったが、
所々で新しい気付きを得られた。

この著者は、ちょうどアインシュタインがそうであったように、
メディア受けするタイプの学者なのだと思う。

アインシュタインがアレほどまでにもてはやされるようになったのは、
研究内容もそうだが、それよりもアインシュタイン自体が非常に、いかにも「天才科学者」と言う風貌をしていた所にある…、と言っていた人がいたが、
この著者もそういうウケのよさがあるように思う。
期待を裏切らず、「偏屈な学者」像を提供している。
つまりそれはある意味での「写真写りの良さ」とも言える。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

サイト名:俺的レビュー遅報Z(おれてきれびゅーちほうぜっと)
サイトRSS:http://review01.blog.jp/index.rdf
管理人名:ヒョウロンカキドリ(ひろぶろhineri)


本や映画、特にTVシリーズなどは見るだけでも非常に時間がかかるもの。
それだけの時間をその作品の鑑賞に費やした!という事自体が、自分の人生で成した事の一つの経験になると思う。大げさに言えば、鑑賞記録というものは自分が生きた証、軌跡、レーゾンデートルでもあると思うので、いつの頃から、鑑賞したものは全て、鑑賞し終わった時に感想を書き残すことにしてきた。
そして、そうやって書き残したものが溜まってきたので、これをブログにアウトプットしようと思って始めてみたレビュー、書評ブログ。

注意点としては、これはあくまでも個人的、且つ、非常に適当でいい加減なレビューであり、また、稚拙な走り書きの様な個人的な記録であり、第三者が見た時には色々と共感できない部分もあると思う事。
特に、自分が良いと思った作品をボロ糞に言われていたり、逆に駄作だと思ったモノがベタ褒めされていたりすれば誰しも気分を害すことだろう。なのでこのサイトはあえてコメント欄を設けないことにした。
どうしても何かモノ申したいという人が居れば、問い合わせ先から問い合わせて頂きたく思います。


リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンク、相互RSSは、申請頂ければ逆アクセスを基準に随時追加致します。


当サイトで紹介している画像等の権利は、そのファイルの管理者や投稿者、製作者に帰属します。
当サイトの記事により不利益を被る恐れのある個人様、企業様がいましたらご報告下さい。
即刻削除、訂正、対応致します。

広告、その他も随時募集しております。


:問い合わせ:
現在整備中。
若しくはコチラ
hiroburo01あっとまーくgmail.com

よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ